韓国のアーティストやアイドル移籍・脱退などが相次いでいますね。
ビッグバンやブラックピンクが所属するYGエンターテイメントの所属していた
HIPHOPグループ「EPIKHIGH(エピックハイ)」がYGとの専属契約を終了しました。
ここ数年、日本でも大人気となったEPIKHIGH。
今夏はジャパンツアーも大成功させ、パワフルなパフォーマンスと心に沁みる歌が共感を呼び、幅広い年代に人気があります。
男性3人からなるこのグループは、韓国のHIPHOPの草分け的存在でもあります。
まだ知らないかたのために、彼らの活動をまとめてみました。

HIPHOP界の草分け的存在の3人組・EPIKHIGHとは?

今年10月、YGエンターテイメントと専属終了を発表したEPIKHIGH。

メンバーは、

TABLO(タブロ、ボーカル)

MITHRA(ミスラ、ボーカル)

TUKUTZ(トゥーカッツ、DJ)

の男性3人です。

 

2003年にデビューしましたが、他の誰もが真似することのできない彼ららしい曲であっという間に人気者に。

様々なアーティストとフィーチャリングしたり、精力的に活動していきます。

韓国では、HIPHOP界のレジェンドと呼ばれるまでになりました。

そして、メインボーカルのTABLOが、女優カン・ヘジョンさんと2009年に結婚。

絵にかいたようなお似合いのカップルに憧れるファンがたくさんいたんですよ。

しかし、ここから数年、EPIKHIGHにとってつらい時期が突然始まってしまうのです・・・。

 

TABLOが結婚したのち、彼はネットでの心無い噂に苦しめられました。

彼は大変頭がよく、最終学歴はスタンフォード大学大学院。

正真正銘、彼はこの学校の卒業生なのですが、学歴詐称していると韓国国内に広まってしまいます。

 

事実無根でありながら、相当な誹謗中傷を受けたTABLO。

EPIKHIGHとしての活動は出来るような状況ではありません。

仕事もなくなり、彼はメディアの前に姿を現すことが出来なくなってしまいました。

自殺を考えるほど、毎日思いつめたと言います。

そんな彼を支えていたのは、やはり妻のカン・ヘジョンさん。

彼女は当時からとても人気があり、ドラマでは主役級。

「私があなたを支える」と、精力的に仕事をこなし、失意のTABLOを懸命に励ましたのでした。

 

2018年10月にYGと契約解除した理由

結局噂はデマだとわかり、学歴詐称の疑いは晴れたのですが、しばらくは相当つらかったと言います。

その後、ヘジョンさんの勧めもあり、TABLOは彼女が所属していたYGエンターテイメントに所属することになりました。

その後、EPIKHIGHとしてもYGと契約。

3人に、やっとまた歌える日が来たのです。

YGエンターテイメントに所属してから、また彼らの歌声を多く聞けるように。

ファンにとっては、長い間ずっと待っていた瞬間でした。

BIGBANGのメンバーとコラボしたり、同じ事務所のアーティストに楽曲提供をしたり、忙しい日々が続きます。

そして、韓国での人気バラエティー番組「スーパーマンが帰ってきた」にTABLOが娘のハルちゃんと出演。

日本で放映されると、今まで彼らを知らなかった人たちからも大きな支持を得ました。

ミスラ・ツゥーカッツもたまに一緒に出演して、普段あまり見ることのできない彼らの日常を放送するこの番組を楽しみに待っていた人はとても多かったんですよ。

韓国だけに限らず世界のあちこちでツアーを行ない、日本ではツアーの他に日本限定アルバムをリリースするなど、ファンには嬉しいスケジュールが続いていましたね。

そして2018年10月、専属契約を終了し、新しい活動へと進んでいくことになりました。

みんなの感想

男性からも女性からも支持の大きいEPIKHIGH。
YGファミリーとして活動することで、日本での人気も上がっていきました。
これからも日本公演を続けて欲しいですね。

テレビで共演したり、メンバーとコラボで歌ったり、BIGBANGとは濃い時間を過ごしていたEPIKHIGH。

BIGBANGからもBIGBANGファンからも慕われた、お兄さん的存在でした。

また彼らとの共演・コラボがどこかで見られることを楽しみに待ちたいですね。

まとめ

新たなスタートを切るEPIKHIGH。

突然のことで、びっくりしたファンも多いのではないでしょうか?

長い間所属したYGエンターテイメントを離れてしまうのはとても寂しいですね。

YGメンバーとの曲も多いため、もうステージで一緒に歌うところを見る機会が減ると思うと、本当に残念です。

日本でのライブなどは、どうなってしまうのでしょう。

でも、環境が変わっても彼らはきっと今までと変わらず活動を続け、また歌声を日本にも届けてくれると信じてやみません。

これからもジャパンツアーを楽しみに待ちたいですね。

EPIKHIGHには、新しい場所でも自分たちの好きな音楽を思い切り楽しんでもらいたいなと心から思います。

おすすめの記事